« 2008.01.17こぐま座冬の陣 | Main | 2008.01.27コンクール参加 »

2008.01.19白い冬のおはなし会

白い冬のおはなし会@L.i.b gallery

暮れ行く戸外の雪景色も借景して、
しっとり冬のおはなし会。
2008年読み語り公演は、これから始まったのでした。

う、2009年の決定してる一般向け初は2月というのにorz。
(あ、1月中にあるかもっ)

薄暮を戸外に見ながらの16:30過ぎ
路線バスの到着を待っての
ゆるりとしたスタート。

まずはオープニングとして
新美南吉「ひとつのひ」[青空文庫ページ]を
ゆっくり各テーブルのローソクに火を灯しながら
通常なら3分ほどのところ、4分半ほどかけて読む。

主催者挨拶の後、新美南吉「てぶくろをかいに」[青空文庫ページ]。
そして谷川俊太郎さんの「みみをすます(福音館書店)」[Amazonページ]より
「みみをすます」を読んで一旦休憩。
いい具合に外は暗くなってきてました。
って、そこでここにその戸外写真載せられればいいのに
撮ってませんorz。

後半は宮澤賢治「注文の多い料理店・序」[青空文庫ページ]で始めて
メインプログラムの宮澤賢治「雪渡り」[青空文庫ページ]。
主催者kyoさんに準備いただいた「幻燈」ならぬ「OHP」の画像や
ときどきのストリングスとともにお楽しみいただき、
最後は前出「みみをすます」掲載の「じゅうにつき」を
やはり主催者がつまびくストリングスとのコラボ的にお読みして
しめくくらせていただきました。

Ca250316sいろいろなものが
見えたり
聞こえたり
感じられたりした
そんなおはなし会に
なったと思います。ありがとうございました。

|

« 2008.01.17こぐま座冬の陣 | Main | 2008.01.27コンクール参加 »

Comments

大雪の後の
光があふれて、とても清々しい日だったように覚えています。
それから、深い雪の中でも
とてもあたたかな会でしたよね?

凍えた旅人を温めるような声に
また出会いたいです。

Posted by: kyo | Monday, January 12, 2009 01:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008.01.19白い冬のおはなし会:

« 2008.01.17こぐま座冬の陣 | Main | 2008.01.27コンクール参加 »