« October 2008 | Main | December 2008 »

2007.12.12南幌某宅ライブ

南幌での某宅ライブ
宅ライブってのも気持ちいい。
お客様たちがとってもリラックスしてくれる。
そういう場で読むのって、
こちらで配慮しなくちゃならないことが
ほとんどなくなるので
そのお宅の空気も読みながら
そこならではのライブに
どんどんなっていく。

さて、この日の宅ライブは2部構成で予定しつつ
実際には3部構成くらいになってましたねえ。

1部は一般の親子さんもお迎えしての親子ライブ。
読み語りと音楽のすぺしゃるライブでもおなじみの
「なかなおり」
そしてこの日のスペシャルバージョンでの
「三匹の小ぶた」
それから、音楽に乗せての童謡読み語り
・「ななつのこ」作詞 野口雨情
・「かたつむり」作詞不詳
・「こがねむし」作詞:野口雨情
読み語った後、唄が入ってまっつはパフォーマンス。

その後、「トナウシモー」くんになって
リクエスト初見読み
嘉納 純子 作「あのね、サンタの国ではね…(偕成社)」[Amazonページ]
中川 ひろたか 作「クリスマス・オールスター(童心社)」[Amazonページ]
五味 太郎 作・絵「まどからおくりもの(偕成社)」[Amazonページ]

まあ、読んだ本もクリスマスらしいのがそろったけど
トナウシモウくんは、
サンタさんにアルバイトで雇われて、
トナカイの代理をするってえことでネタ仕込みしての登場だったのね。
それでアドリブ的に名前が「トナウシモー」くんになったのだった。

受けた。読みもトナウシモウくんスタイルで貫いたし(笑)。

後から聞いた話では、写真を観て
「まっつさんに似てる牛だねー」と言った子もいたとか(爆)。

それから大きな休憩を挟んで2部。大人向け。

グリム兄弟 作/楠山正雄 訳「星の銀貨」[青空文庫ページ]
を、これ、小さな灯りのもとで、なんと任天堂DSで読んだのでした。初。
ページを片手で送れるから、かなり楽。
灯りなくてもある程度読めるし。
いずれはリクエストだけじゃなく
名作系のをこれで読むことも考えようと思ったくらい。

それから許諾いただいてる
そらさん 作・絵「赤い糸 [The Red String of Love](パルプ出版)」[Amazonページ]

しっとりとした時間となりました。

さらに小休止してから
スペシャルリクエストで
梨木香歩/作「家守綺譚(新潮社)」[Amazonページ]
より「ドクダミ」。

なんかほかにも「唄」とかなんか
いろんなリクエストもらった気がするんだけど
これだけで十分おなかいっぱいと思うので
報告は以上。

Ca250290お客様写真は
撮れなかったので
最後まで付き合ってくれた
スタッフ画像をどぞ。
トナウシモーくんもいます(笑)。
おつかれ&ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.12.08-09「にんぎょひめ」

「にんぎょひめ」@やまびこ座4st

06年10月以来、そのときもこれがラストとか言ってたけど
もう一度復活。

これこそこれ最終公演のようなので
リハあたりでの画像もお届けしまっつ。

お客様写真はないしね。

Ca250276 前日ゲネ
魔女とひめの
契約シーン
前日合わせ
王子と踊るひめ
合わせなので
衣装も本番仕様では
ありません
Ca250278
Ca250284 最終日合わせ
ひめ、王子を見る合わせなので
装置を使ってません
最終日合わせ
魔女登場
Ca250283

さて、わたくしまっつが演じていたのは
開幕直後を除いて
ほとんど動かない場で
生身で登場する「月」の役でした。

「にんぎょひめ」原作にはないけど
アンデルセンのもうひとつの物語「絵のない絵本」に出てくるお月様
それがにんぎょひめを見守っているという設定での
全体構成なのでした。

そんな月目線からの客席と舞台画像も載せておきましょう。
Ca250287Ca250288右側の画像は
登場のときの
セッティングで
舞台の中からの
目線となってまっつ。

過去
06/10/21-22@やまびこ座
06/5/20-21@やまびこ座
06/3/11-12@こぐま座

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »