« July 2008 | Main | September 2008 »

2007.10.13解体講座2

2007.10.13解体講座2
ヨミガタリスト解体講座2@りとるわんコミュニティホール

解体講座2
ヨミガタリを楽しむ会主催による「解体講座」の2回目
まっつは講師というより、素材。
会の代表によって
読み語りの諸相をあれこれ浮き彫りにされていく。という講座。
前回記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/2008/03/2007714_4935.html

翌日あたりにどこかに
「前回に比べて
 現場ではあんまり解体されてる感なかったんだけど
 あとから消化してるうちに
 けっこういろんな刺激になったという感じじわじわ。

 前回が
 さくさく切り取られた感じとすると
 今回は
 中から外から前から後ろから(比喩っす)
 いろんな方向から検証を受けたような感じ。
 (正確な感じに言えてないっorz)」
と書いてました。

まずまっつが一人で、いつものまっつで読む。
その作品を、参加者と一緒に読んだり、
それも交互に読んだり、どっちも全部読んだり。

同じ作品に違う音楽を流して
まっつの読みがどう変化するか検証したり

シナリオの読み語りをして
その後、そのシナリオを参加者で読み芝居的に通してみて
さらにそれを体験した後にまたまっつが読み語りする。なんてことも。
このシナリオ読みは、読み芝居の練習時間の蓄積によって
最初が教科書的な読みだったとしたら
お話の共有感がかなり大きくなった分、
最後の読みはより遊んだ感じになったと思う。

しめくくりはライブ。
許諾新ネタ披露で
坂本 勤「サカナはみんな左向き?(北海道新聞社)」[Amazonページ]
より5編ほど。

後はリクエストタイムで
谷川俊太郎 作・和田誠 絵「あな(福音館書店)」[Amazonページ]
せな けいこ・おばけえほん「ばけものづかい(童心社)」[Amazonページ]
せな けいこ・おばけえほん「くずかごおばけ(童心社)」[Amazonページ]

Ca250244参加者の皆さんには
果たしてどのくらい
役立ったのかは
よくわかんない
のではあるけれど
いろんな可能性が、またまた見えた時間だったのでした。
(写真はライブ終了時点のものなので、講座参加者だけではありませんm(_ _)m)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.06トラック協会

2007.10.06トラック協会「読み聞かせ広場」@アリオ札幌

Ca250239Ca2502380202前年も
お呼びいただいた
トラック協会の
イベント。

2006年記録
http://mghj.air-nifty.com/mats/2006/10/930_2119.html

今回は2ステージ登場。各30分ほど。
前年とは趣向を変えて、
去年評判良かったからってことで
1回目は全面リクエスト大会。

協会さんで用意していただいた絵本(絵本コーナー)がけっこうあったので
次々リクエストが出そうな雰囲気。
やむをえず、大半を途中までにしたり
文章量の多い作品は、絵だけで途中のひと波乱まで見せていったり
新技みたいな感じになりました(爆)。
都合、さわった作品は8本。うち3つが初見。
唯一、完読したのは
Sam McBratney 文/Anita Jeram 絵/小川 仁央 訳
どんなにきみがすきだかあててごらん(評論社)」[Amazonページ]
あらかじめ途中までになることを言って
とにかく数をこなすことを重視したので、泣き出す子などはいませんでしたね(笑)。

それができたのも、今回、上記1ステめの後
片隅の絵本コーナーのあたりで、引き続きリクエスト読み語りをさせてもらうことになったから。
マイクなし、座り読みで10名程度のお客様に囲まれて
こちらではどんどん完読していきました。
ひとつはさっき途中までだったやつの残り。
その他に初見の3作品。本編なみ、30分くらい読んでました。


2回目のステージは
基本的にランディシリーズ既刊分2本をお届けすることにしていて
多少、時間が残るというので、この数日前に許諾いただいたばかりの
坂本 勤「サカナはみんな左向き?(北海道新聞社)」[Amazonページ]から何編かをお届け。

Ca2502380102偶然にも、この日前後
アリオ丸善で
この作品の原画展を開催中。
しかも翌日には坂本さんの
トーク&サイン会もあるというので
そちらも宣伝しておきました。

その後、ランディーシリーズ1作目と2作目をお届け。

作者のそらさんからは、他の作品の読み許諾もちゃっかりいただいたのでした。

今年も企画は動いているようですけど
いまのところ未詳です。

そらさんのプログ
http://sora.pulp.jp/
に、少し動きが出てくるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.30和寒図書館

ヨミガタリストまっつの「読み語りライブ」

Ca250232



08年度、お休み中のまっつ定番中の定番
「ブレーメンの音楽隊」と「注文の多い料理店」を用意して
その間にリクエスト絵本2点と
騙り読みも2件やらせていただきました。

記録してたはずなのだけど
ちょっとそれが行方不明。
絵本は、過去にもリクエストいただいたことのあるものだった。
騙り読みは
シチュエーション系とキャラ設定系。

そんなリクエストでけっこう時間使ったので
最後の「注文」
少し時間オーバしそうだけど
お客さまにいいかどうか確認した上で
「序文」から読むことにする。

Ca250234大人だけでの来場者も
けっこう多くて
でもとても温かい拍手だった。
素直に聴いていただいた感じ。

終了後、図書館常連らしい小学生が待っていて
そのときおいらちゃんと知らなかった芸人さん風という
騙り読みリクエストをもらう。

ちゃんとできなかったのだけど(知らなかったから)
でもウケてくれて「今度、小学校にも来てくださいっ」
って言ってくれた。
あー、こういう生の反応がもらえるのも
読み語りの醍醐味のひとつ。

そんな風に小学生とひきあわせてくれた図書館さんにも
とっても感謝です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »