« 2007.10.06トラック協会 | Main | 2007.11.03曙図書館 »

2007.10.13解体講座2

2007.10.13解体講座2
ヨミガタリスト解体講座2@りとるわんコミュニティホール

解体講座2
ヨミガタリを楽しむ会主催による「解体講座」の2回目
まっつは講師というより、素材。
会の代表によって
読み語りの諸相をあれこれ浮き彫りにされていく。という講座。
前回記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/2008/03/2007714_4935.html

翌日あたりにどこかに
「前回に比べて
 現場ではあんまり解体されてる感なかったんだけど
 あとから消化してるうちに
 けっこういろんな刺激になったという感じじわじわ。

 前回が
 さくさく切り取られた感じとすると
 今回は
 中から外から前から後ろから(比喩っす)
 いろんな方向から検証を受けたような感じ。
 (正確な感じに言えてないっorz)」
と書いてました。

まずまっつが一人で、いつものまっつで読む。
その作品を、参加者と一緒に読んだり、
それも交互に読んだり、どっちも全部読んだり。

同じ作品に違う音楽を流して
まっつの読みがどう変化するか検証したり

シナリオの読み語りをして
その後、そのシナリオを参加者で読み芝居的に通してみて
さらにそれを体験した後にまたまっつが読み語りする。なんてことも。
このシナリオ読みは、読み芝居の練習時間の蓄積によって
最初が教科書的な読みだったとしたら
お話の共有感がかなり大きくなった分、
最後の読みはより遊んだ感じになったと思う。

しめくくりはライブ。
許諾新ネタ披露で
坂本 勤「サカナはみんな左向き?(北海道新聞社)」[Amazonページ]
より5編ほど。

後はリクエストタイムで
谷川俊太郎 作・和田誠 絵「あな(福音館書店)」[Amazonページ]
せな けいこ・おばけえほん「ばけものづかい(童心社)」[Amazonページ]
せな けいこ・おばけえほん「くずかごおばけ(童心社)」[Amazonページ]

Ca250244参加者の皆さんには
果たしてどのくらい
役立ったのかは
よくわかんない
のではあるけれど
いろんな可能性が、またまた見えた時間だったのでした。
(写真はライブ終了時点のものなので、講座参加者だけではありませんm(_ _)m)

|

« 2007.10.06トラック協会 | Main | 2007.11.03曙図書館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007.10.13解体講座2:

« 2007.10.06トラック協会 | Main | 2007.11.03曙図書館 »