« 2007.08.25 琴似 | Main | 2007.08.27酒宴ライブ »

2007.08.25 教文

(前書き込みから続く)
そして向かったのは教文。

教文演劇フェスティバル2007
「セカンドライフのための演劇講座」
この日はその発表ステージの日。

講師を、8月頭から務めていたのでありました。

といっても「演劇」をちょっと拡大解釈して
「読み」のまま演劇的に立ち上げる工夫を入れ
ヨミガタリストの活動としてもアリな方向で。

50代超えるとセリフ覚えることが、
とにかく演劇体験の最初っから最後までの壁になりがち。
「そこんとこを避ける方向で」というのが、これを仕込んでくれた
実行委員・ジョージマンの狙いでもあったのね。
(なんか6月に彼の還暦記念演劇があるんだぜっ。参照:yhsweb

その城島イケル氏や俳優経験のある若手に
スタッフになってもらい、
前半は読む人数の変化も楽しむ群読スタイル、
後半は、人間浄瑠璃っぽいスタイルとしていきました。
参加者たちが読みながら演劇経験者のスタッフにふれると、
スタッフ俳優たちがセリフに合わせて演劇的動きをする。わけです。
あー、文章で書いてもなんのこっちゃっすね。

舞台写真とってなかったからなあ。
最初っからそういう形を狙ってたわけでもないのだけど、
なんとなく手応えを確かめながらやってったら
形が決まってったって感じですね。

作品は宮澤賢治の「北守将軍と三人兄弟の医者」[青空文庫ページ]。
全部やると長いので、途中あらすじ紹介にしてすっ飛ばし、
15分以内に収めた。

お客さんがどの程度いたのか。場内、暗くて
舞台側からはさっぱり分からなかったのですけど、
まあまあ手応えありました。
参加者の皆さんには、とても楽しんでもらえたようですし。

Ca250184終了後の
記念写真。
皆さん
おつかれさまでした。
※実は、スタッフ以外にも
 50代未満の参加者もいらっしゃったのでした。

Ca2501750818_2Ca2501760818_2こちらは、前半部分の
フォーメーション。
稽古中に記念撮影。
左はマジメバージョン。
右が、講座の雰囲気
まる出しバージョン(爆)

|

« 2007.08.25 琴似 | Main | 2007.08.27酒宴ライブ »

Comments

なつかしいですね~。
たのしい現場でした♪

人間浄瑠璃っぽいの、とてもよかったと思います。
命を吹き込む人形つかいって感じでしたね。
ご指導ありがとうございました。

Posted by: rupi | Friday, May 09, 2008 09:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007.08.25 教文:

« 2007.08.25 琴似 | Main | 2007.08.27酒宴ライブ »