« 2007.6.23-24「三人男娼」 | Main | 2007.7.6ステラ »

2007.7.1北海道大会

2007.7.1
詩のボクシング北海道大会@上湧別町文化センターTOM

はい、初参加の「詩のボクシング」。
(予選の報告は→2007.5.26札幌予選
予選はあくまで予選で1つだけ作品を読んだわけで、
詩ボクルールでやるのは、この日が初めて。

なんとか作品数はそろえたのではあるけれど、
それだけじゃ不安でもあり、
少し多めに、古い古い作品の焼き直し版とかも持ってったのだ。

試合はトーナメント方式。
途中、敗者復活戦などもあるが、
7人のジャッジによる多数決で勝ち上がりが次に進む。
詳細は詩のボクシングにあります。

さて、第1回戦はいろいろ迷ったけど、
予選で読んだ作品を
視点を少し変えて書き直したものでいく。

会場は思ったより広く、
かつ奥までけっこうたくさんのお客さま。
まあでも無理なくここは肉声で。

さすがお客さまも聴く姿勢がなんか違う。って感じた。
2007shiboku002_2こっちがびっくりするほど
しっかり聴いてくれる。
手ごたえ上々。
7人のジャッジの何人が
支持してくれたのか
忘れちゃったけど、なんとか2回戦に勝ち上がる。

でも一方で、予選のときより、自分だけ異質な感じが
あんまりなくなってたのにもびっくり。
なんていうんだろ、みんな予選よりはるかに
表現者になってる感じ。
戦いってことも影響してるかな。

で、2回戦。
ちょっと、いい調子こいて
古い作品の焼き直しバージョンを、やー、工夫しすぎ。
マイクと肉声の両方を使ってやるという作戦に出た。
これがまたあまりにもしっかり聴いてもらえているので
2007shiboku006_2より距離に合わせたテンポで
やったもんだから
(マイクと肉声で分けたことも、
 間を長くさせたよな、きっと。
 写真はマイク使いのところ。)
で、自分テストでやってたときは3分かからないはずが
たぶん、8割くらいのところで3分ゴング!
あきらかに完結してなかったなというところ。

先攻だったこともあり
対戦者には、余裕ありありの形でやられました。

まあ、この対戦者が、前年の北海道チャンピオンで
けっきょくこの日も優勝したんですけど、
大差判定で負けたからなあ、
あんまり自慢にもなりません。

3分に合わせることの難しさ。
会場の状況で読み方すら変わるおいらの特性。
そんなことを勘案に入れてのぞめば、
もう少し善戦できたかなと思わざるを得ず、
せっかく準備した作品たちのためにも
すぐさま来年の再挑戦を誓ったのでしたよ。
(てゆーか、できれば今年の全国大会[10月20日]にも行きたかったのだが
 さすがにそんな余裕はございませんでした)

まあ、でも、忌避していた「自作品読み」の道がひらけたのは
この大会のおかげです。ありがとうございました。

あ。写真はいずれも実行委員会さんからいただいたものです。

|

« 2007.6.23-24「三人男娼」 | Main | 2007.7.6ステラ »

Comments

そうです。
詩ボクは3分という時間内で表現することが大事ですよね。

これをきっかけに生まれた
自作の詩を聴くことができてよかったです♪
また、新しい作品が生まれていくでしょうね!

Posted by: ルピ | Thursday, October 25, 2007 18:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007.7.1北海道大会:

« 2007.6.23-24「三人男娼」 | Main | 2007.7.6ステラ »