« May 2007 | Main | July 2007 »

2007.4.25@マジスパ

2007年4月25日(水)
親子でたのしむ
おはなしと音楽のすぺしゃるらいぶ♪
in スープカレー店「マジックスパイス」

白石区にあるスープカレーのカリスマ店「マジックスパイス」での親子ライブ。
こちらも反響については
ヨミガタリを楽しむ会サイトでアンケート公表
いただいているので(4.25アンケートレポ)ご参照くださいませ。

あー、でも一言。
あのマジスパだよっ!びっくりだよ!
あんなお店で親子向けライブなんてぇぇっ!
(経緯は上記アンケートレポにしっかり報告されてます)

で、記録的にも、大半が栗山と同じプログラムなので
そのあたりも省略気味にいきます。
違いをより意識した感じで。

栗山との一番の違いは、平日日中のため
小学生は当然いなくてお子さんは幼児中心。
それも3才くらいが中心で、2才以下の子たちもかなりいたこと。

読みの方向性としても
全体の空気にのっかっていくというより
ひとりひとりとの交感を絶やさないような
そんな読み方になった感あり。
動きの激しさより、
お話をおいていく感覚をより鋭敏にする感じね。

お店の音の反響の仕方が独特であることもあって
けっこう神経を使った。

プログラム的には
「ふ・り・る」のオープニング演奏、開会MCの後は
今回も「ふ・り・る」とまっつのコラボ
ねずみのよめいり」[青空文庫ページ]から。
というのは同じ。

続いてのフルートとのコラボ
谷川俊太郎/詩「いちねんせい(小学館)」[Amazonページ]からは
年齢層を勘案して、栗山とはセレクトを変えて
「あ」「あな」「くんぽんわん」「ぱん」「たいこ」をお届け。
音を楽しむ系を多めにしたのね。
はい。ちゃんと反応ありましたねえ。

その後、「ふ・り・る」童謡メドレー、
「あやぴーのおはなし」「なかなおり」
も同じ流れ。

そこから手遊びで変身したまっつがマジックというのも同様。
けど、今回は、なんか失敗がけっこうあって
でもお客さまには逆にそれが受けて
予想外の半ばコミックマジックショーっぽいノリになったのだった(爆)。

それから、まっつのいない間に
また手遊びで引き付けてもらって

読み語りのしめくくりは栗山と同じく
谷川俊太郎/ぶん「めのまどあけろ(福音館書店)」[Amazonページ]

ここで、いろんな方々の協力があって実現した今日のライブのお礼MC。
その入りで主催者が「今日のライブはいかがだったでしょうか」と始めたら
「おもしろかったぁ」のちっちゃな子の声が次々。
言わせてるわけでないっすよね。この声の出方。

で、最後はまた、ごめんなさい。
「君に生命あるわけ」を歌って終わりました。

お食事も楽しんでいただいたマジスパライブ。
反省点もありましたけど、
思った以上にちっちゃい子たちにも
飽きずに最後まで楽しんでいただけたようでした。

それにしても、ほぼ同じ演目だったのに
栗山とはやっぱり違った。

この日は、全体の空気にノせられるというより
ひとりひとりと交感しつつ
逃さないわよ。というスタンスになっていたのでした。

070425_1348この日はお客さま写真撮影の
タイミングを逃してしまったので、
こんな雰囲気だったってことで
スタッフの撮ったステージ写真を。
ミラーボールも使ったのだよ(笑)。

ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2007.4.21@栗山しゃるる

2007年4月21日(土)
親子でたのしむ
おはなしと音楽のすぺしゃるらいぶ♪
in 栗山町「しゃるる」

さてさて、反響については
ヨミガタリを楽しむ会サイトでアンケート公表
いただいているので(4.21アンケートレポ参照)
こちらでは記録に傾いての報告とします。

とにかく大勢のお客さまに恵まれました。
おんがくユニット「ふ・り・る」の演奏でスタート。
開会MC入った次は
さっそく「ふ・り・る」とまっつのコラボで
ねずみのよめいり」[青空文庫ページ]。
途中お子さんの「そういうことか!」なんて合いの手も入ったり、
すっごくお話に入り込んでもらって
逆にかなりノせられましたあ。
最初のこれだけで、もう汗だくでしたもの。

続いてはフルートとのコラボで
谷川俊太郎/詩「いちねんせい(小学館)」[Amazonページ]より
「あ」「ひみつ」「あたらしいこ」「あいしてる」「わるくち」をお届け。
絵は許諾をいただいていないこともあるけど、
レパートリー作品としては、
音とのコラボとして絵は使わずに
動きで見せるスタイルで構成。
「わるくち」は特に大受けでした。

その後、「ふ・り・る」童謡メドレーの演奏をはさんだ後、
「あやぴーのおはなし」
ほやまだいきくん「なかなおり」
と、関係者周囲のお子さんの作品を
音楽とコラボでお届け。「あやぴーのおはなし」は今回
紙芝居風の仕立てでお送りしました。
これらがまた、すごく、いい感じで聴いていただけました。

そこからがスペシャルメニュー。
手遊びで変身した、まっつが、
な、な、なんと、マジックををを!!!
(きっとすでに終わったマジスパ07.4.25以後も、
 またやることあると思うので
 詳細は省略(爆))

そして読み語り最後の作品は
谷川俊太郎/ぶん「めのまどあけろ(福音館書店)」[Amazonページ]
こちらも絵は使わず。小楽器とピアノとのコラボレーションで
立体的に読みました。

すでに内容を知ってる子とかが、
けっこう先に答えいってくれたりして
「プロだね」などの合いの手をこっちから返したりもして、
それがまた受けたりと、会場と一体になって
楽しい時間がさらに盛り上がりましたわ。

そしてしめくくりは
すんません。歌いました。
「君に生命あるわけ」
まっつ=ふとがみによる、オリジナル歌。
あれ? これ、作曲者名って誰にしてたんだっけ。

ウエルカム演奏と終了後演奏も、
ふ・り・る編曲による「君に生命あるわけ」インスト。
なんだかこの日は、すべてがすごーく素敵で、
(マジックとかも奇跡的に最高にうまくいったりして)
久々に終了後、ちょとほうけてたような記憶もあったりして。

終了後は、1階ロビーにスタッフたちとたまって
警備さんにちょい注意されたりしたんだっけ。

Ca250116Ca250115はい。お客さま写真。
あ。写ってる心当たりある方、
メールくだされば
もすこし大きい画像を
メールでお届けできますよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.4.14読み伝えるWS

2007年4月14日(土)
「“読み伝える”ためのワークショップ」

正式名称はもっと長くて

------------------------------------------
ヨミガタリストによる
“読み伝える”ためのワークショップ
        〜〜読み聞かせはもっと楽しくなる!〜〜
------------------------------------------

というもの。

何が自分の読み語りの特徴なのかは
わかってきた気はするけど、
そのどういう部分がどの程度、人さまに役立つのか
いまいちつかみきれていない中、
まあ、ヨミガタリスト的見地から
人に読み伝える
ということをやってる方たちに
何かアドバイスができればね。

というスタンスでのワークショップでした。
関連記事
ヨミガタリを楽しむ会のレポ

実際にやってみたら想像以上にいろんな読みに出会いました。

おおざっぱに言って
今回論点として見えてきて総論的にアドバイスしたことは

1・「読み聞かせ」というと絵本が多いのだが、
  「絵」に対する意識の持ち方は
  けっこう聴き手に影響を与えるだろうというようなこと。

2・上記をもう少しつっこんで考えると、
  「絵本」は、絵がかなり語っている。
  その絵の語り口があるのでそれを見せていくには、
  絵と読みとが喧嘩しないほうがよくて、
  絵の読みときを声が助けてあげられるといいんだろう。
  それを読み手が選んでいく感じ。

3・質問として多かった「セリフの使い分け」
  ・造型というより「区別」重視。で松本はやっているつもり
  ・高低、響き、リズム、姿勢、スイッチ
  松本は、身体の形と姿勢の中に喉とか響きの関連組織を絡めて決めて使ってる。

全部で9名の参加者は、
表現経験の幅もいろいろ。選択してきた絵本(本)もいろいろ。
お互いの読みを聞き合うだけでも
相互に刺激になったようで、
自然と生まれた座談タイムでは、
お互いに感じたことなども含めて、あれこれ語り合ったりしましたね。

で、ライブに入る前に、この日、参加者のおひとりが読んだものを
すぐその後で、まっつデモンストレーション。

だめでしたねえ。目の前でほかの人が読んだものを
すぐに読むというのは初めての経験だったのだけど、
なんか余計な先入感覚が入り込んで、
違うところに意識が向いてしまいまして、
過剰だったり、中途半端だったりしましたね。
なのでその作品名は省略っ。ごめんなさいっ。

ライブのみのお客さんも早めにそろい、
ワークショップ参加者からのリクエストだけで
もう時間足りないくらいになってしまう感じだったので
少し前倒しでまっつライブをスタート。


お読みしたのは、次のリクエスト4冊。すべて絵本。
しかも、初見でしたといっていいよね。
(ひとつはワークショップでおひとりが2分ぶん読んでくれたものだったので、
 最初の2分ぶんだけは、完全初見ではないけど)。

元永 定正/作・絵「がちゃがちゃどんどん(福音館書店)」[Amazonページ]
A:「じゅもん」五日市つよし監修/文・ながはたさよ/絵・ときひささとみ/自費出版モノらしい。
B:川端 誠/作・絵「落語絵本ーばけものづかい(クレヨンハウス)」[Amazonページ]
C:ジョン・シェスカ/作・レイン・スミス/絵・いくしま さちこ/訳「三びきのコブタのほんとうの話—A.ウルフ談(岩波書店)」[Amazonページ]

「がちゃがちゃどんどん」は短かめだったので
最初に取り上げて、クリア。
後の3作品は
いつものように拍手投票で最初に読む作品を決めたのだけど、
それぞれけっこう長くて、しかもそそられるところがあったので
突然ですが、連続小説的に途中で区切って、順繰りに読みすすめることにした。

切りのいいところで「続きは後程っ」みたいにしてね。
読み切れるのはひとつだけかもと思いつつ、
だんだん巻きを入れてスピードアップ。
それでも「間」をなくすのでなく
むしろ「間」の短縮率はあまり高くしないで
読みの速度はあげていくという感じ。
速く読むときほど、間はしっかりとらないといかんのだ。

そしてなんとうれしいことに最後まで全部読むことができた。
というのも、この後、区民センターさんとの打ち合わせがあり
その段取りもあって、終了時刻ギリギリまで使わせてもらえたのだ。
(あー、つまり片付けを省略できたってわけさ。あ、ひみつね(爆))

なんの打ち合わせかって?
それは、まっつペイジ
またはヨミガタリを楽しむ会
いずれっ明らかになるであろう、わはは。

写真はないのだっ。
ライブで撮ろうと思ってたのだけど、
なにせ、片付けなし、即撤収。になってしまったので。

ありがとー。みなさん。
なんかまだまだ、読み語りに関してしっかりした講座は持てない感じなので
7月には、また別角度からの実験的ワークショップをやりまっつ。
ワンコインライブ&ワークショップ(ヨミガタリを楽しむ会)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »