« April 2007 | Main | June 2007 »

2007.3.28ろっか亭

2007年3月28日(水)
〜 ユニットろっか亭・presents 〜
エレクトーンと物語の世界へ
『注文の多い料理店』

広く読まれている名作に、オリジナル音楽をのせて楽しむ
ヨミガタリ ・ 人形 ・ 音楽 の世界

【 音楽 】中島 律子
【読み語り】松本 直人
【人形操作】北村 郷子

別ジャンルの表現者3人が、人形劇の現場で出会い、
それぞれの分野によるパフォーマンスで
コラボレーションステージをと考えて
実施に至った自主公演。

昼と夜の2回公演
それぞれそこそこのお客さまに恵まれ
ゆったりと、音楽と読み語り、そして人形の世界を
お楽しみいただけたかと思います。

この日のために用意したのは
まずは「開演前の注文」。
これ、なんか「ろっか亭」という料理店めいたユニット名をつけ
『注文の多い料理店』という演目をメインタイトルにしつらえていたため
前日になって公演スタートのやり方をきめるとき
浮上してきたもの。

読み語りでやらせていただきました。
「お客さまに注文がございます。うんぬん」

それからユニット代表によるご挨拶
とエレクトーンによる序曲演奏があり、
最初のコラボレーションが、「注文の多い料理店・序」。
何度も書いてるけど、
おそらくおいらがもっとも読み語る機会の多い作品。

「開演前注文」とこの「序」は
おいら姿を現さずに、そでで読んだんだったっけ。うん。

ゆったりとした気持ちに向かうエレクトーン演奏とともに
気持ちよくスタート。

その後、エレクトーンと人形のコラボ「ピンキーの夢」があり、
それとつながるように、わたくしも人形使いとして登場。

Ca250110こんなおじいさん人形が
倒れているピンキーにかけよるという
シーンで入り(おじいさん)、
ステージ上で人形を交換して
以後はピンキーを操作する。

Ca250109こちらがピンキーね。
なんか、とぼけた顔が魅力的。
観てくれた方々には
操作者が変っただけで
性格も違ったようだったそう。

実際にはピンキーのほうが、おじいさんよりかなりでかい。
写真でいうと、じいさんを半分くらいにすると
原寸比と同じくらいの比になるかな。

そんな小さいじいさんをピンキーが追いかける
てなシーンを、音楽に載せて、セリフなしでやったのでした。
最後は、エレクトーン演奏の亭主・中島氏の頭をきつつきのようにつつきまくり、
ついに亭主にくびをひっつかまえられて強制退場。
なんていう終わり方で人形劇を終えて、
次は再び読み語り。

演目は与謝野晶子の『金魚のお使』。
何度読んでもシュールなんだけど、
このシュールさは
むしろ大人受けするところ。
大人率がやや高かった夜公演のほうが受けてた印象あったなあ。

ちなみにこのとき、人形使い・北村氏には
OHP利用で、リアルタイムに切り紙細工で
金魚を作ってもらったのでした。

そしてトリを飾ったのが
宮沢賢治作「注文の多い料理店」。
松本の読みにインスパイアされてオリジナル音楽を展開した中島氏と
生コラボレーション。さらに北村氏にも
セリフの一部や、看板操作などで参加してもらい
3人それぞれの立場の表現で合同した
これが、そっか最大にして唯一の作品ということになるか。

いつもの読み語り現場に比べ
客席の表情が見取りにくくて、
ビビッドに雰囲気はつかめなかったところはあるけど、
初の試みにしてはまあまあのご感想をいただけました。

Ca250108Ca250112左が、お昼のお客さま。
右は、夜のお客さま。
最後までじっくりご覧いただき
ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

2007.3.26真田組

2007年3月26日(月)
真田組旗揚げイベント@ロイトン札幌

千陽ちゃんの紹介があって認識していただいて
参加できたイベント。
20組以上の芸人が次々登場するという
すんげえイベントでした。
(基本スタンスはプレゼンってことで)

おいらは5分の出演時間だったのですが、
ぎりぎりまで何を読もうか迷ってました。
で、主催団体でもある「モルツの会」の唄の歌詞を
「ダイナミックに」という読み方リクエストで読んでから、
「注文の多い料理店・序」を読んだのでした。

リクエストの読みに引きずられて
いつになくアグレッシブな宮沢賢治だったようです(笑)。

やっぱり「注文の多い料理店・序」を読む機会が一番多いんだと思う。
この日は録音はしそこねましたので、
いつもとどのように違う読みなのかは
記憶にしかありませんけど、
確かに、動きも、顔の目線展開の速度も
そしてもちろん声も、よりシャープでプッシュ気味だったと思います。
だって、広いし高いんだもん。

Ca250107こんな高いとこでやるのは、
久々だった。
お客さまをステージ側から
眺めたところ。
こーんな感じだったのです。

さーすが。という芸人さんがいっぱいいすぎて
なんともコメントしようがないので省略(爆)。

とにもかくにも
お呼びいただきありがとうございました。
(って関係者さま、ここ見ないだろうなあ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.3.24紅茶夜会11

2007年3月24日(土)
おとなのための読み語り
「夜と紅茶とヨミガタリ〜第11夜」@ニュアージュ

今年最初の紅茶夜会。
いろいろ検討して、スタートにふさわしく
まっつ読み語りの原点的作家であり、
もっとも多くの作品を読んでいる
宮沢賢治の作品から、まだ経験のないものをということで、

「水仙月の四日」と
「山男の四月」

をセレクト。
冬から春に向かう風情を
雰囲気の違う2作品で味わっていただこうという趣向。

まずは今回の賢治2作品について主催者からの紹介があり、
併せて花巻から取り寄せてくれた
出版に先立って出された広告チラシ
「注文の多い料理店・新刊書ご案内」
の復刻版を(97%縮小写真版)を 、まず読み語り。
(一部省略・その部分は後にリクエストタイムで披露)

続いて「童話集・序文」。
これがなんだかんだいって、一番まっつが読んでる日本語かもしれねっ。

そうしてから「水仙月の四日」と
「山男の四月」をお届けしました。

賢治スペシャル的なプログラムでしたから、
賢治好きの方々もいらっしゃってくださりました。
その方々にも
けっこう気に入っていただけたようで、ほっ。

ここでお茶会準備入り。
すぐには出てこないということで
突然読み語り。
「本日の紅茶ティーバー方式・本日の4種類メニュー紹介」
しっかり
 エキナセアミックス
 桃林(ももりん)
 1003メルシー
 1030ムーンバレー
アドリブも入れて、紹介文を読ませていただきました。
(まあ。朗々と系かな。ご紹介なので特にリクエストとらず独自読み)

25分ほどでしょうか。お茶会ののんびりとかを過ごした後、
本日のスペシャルプログラムへ。

今回は、去年からまっつがのめりこんでる
覚 和歌子さん「ゼロになるからだ(徳間書店)」より「桜新世紀」。

まあまあ。よく笑ってくださいました。

さらにしばらく談話して、
19:50分ころには一旦、締め。

Ca250106Ca250105はい。恒例、
お客さま写真。
おおー、なんだか
にこやか。
しかし女性率、たかいな。

さて、そこから先は
ちょいと雰囲気変えて、投げ銭リクエストタイム。

最近、「騙り読み」リクエストやる機会って
かなり少なくなってたんだよね。
1イベントで、やるときでも1つくらい。
そんなわけで
ここでは時間の許す限りなので、
いろいろ楽しいのだ。
すぐ目の前のお顔からリクエストもらえるし。
付加的なリクエストもすぐ出てくるし。

まず出たのが飲食店レシート騙り読み。
ネタ提供ご本人から「天使のように」「営業トーク」の2本立て。
今年からだったっけ、
騙り読みは、同じネタでいくつかリクエスト受けることにしてるので
「どっちか」という声に両方で受けました。

けっこうしっかり注文品、読みました。
品目に反応するお客さまたちがおもしろかった。
あーなんか、騙り読み、久々だったのだよね。
なんか、終わった後、テレてました。

続いて、もう騙り読みはないだろと思ったら
きました。ふつーのリクエストでなく
騙り読み。

『手帳付録「減量のポイント」から下をぜんぶ』
「胸に響くように」というリクエスター御本人からのと
「バカにしたように」という別の方のを採用。
交互にやって、たぶん9ポイントくらいを読みました。

してさいご、
「注文が多い料理店新刊書案内」、本編で省略した
「目次とその説明」部分を最後に読みました。
これは作品読みスタイルでお届け。

そんなこんなで紅茶とともに過ごす夜は暮れたのでありました。
みなさんありがとうございました。

と、気付けば次の紅茶夜会〜第12夜〜は来週末5/26土。はやっ。
ヨミガタリを楽しむ会第12夜告知記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.3.21ドラマシティ

2007.3.21 ラジオ

FM新札幌(ドラマシティ)に
告知目的で、
「おはなしと音楽のすぺしゃるらいぶ♪ 」の仲間たちと出演。

出演予定だった
「あつべつ子育て奮闘記(午前11時〜11時30分)」
では、主目的のらいぶを中心に、
他は走り気味にあれこれお伝え。

そもそも読み語りってなんだ。てことで、
ちょいと
「ねずみのよめいり」さわり部分をフルートにのせてちらりやったのと
「注文の多い料理店・序」冒頭2段落。
くらいでしたかね。

ここってサンピアザ3階にあって、
ガラス張りで、3階のそのへん通行者からよく見えるのね。
近くにベンチもあって、
ゆっくりラジオを「見ている」人もいる。

何人かかけつけてくれた人たちもいて、
おかげで大盛り上がり。

Ca250102左側・パーソナリティ
佐藤さんと
メインキャスター
子育て情報発信「たんぽぽ」
メンバーの山田さん。

ところがここで終わらず、
なんと、そのあと番組の
「ランチタイムバラエティ デイッシュ!!」
のパーソナリティ・三富さんが、実は松本の知り合いで
居残り命令(笑)下り、
おいらだけ残っても仕方ないので、
みんなでもう30分ほど残って、
その他の今後予定イベントも
しっかり告知してきましたっすぅ。

Ca250103三富さんと、
先の番組でも
ついててくれた
音響担当スタッフさん。
おつかれさまでした。

いやー、コミュニティFM
あっちこっちおじゃましてきましたが、
番組から番組に橋渡しする時間まで
融通を利かせてしまう局は、初めてでしたわ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.3.17-18蝶花西区巡業

2007年3月17日(土)-18日(日)
「蝶よ、花よ〜琴似新劇団物語〜」西区内巡業。
本番報告はこちら

本タイトル
「演劇 ちょっと つまみぐい!?
 みて 学んで、やってみよう!」

30分ほどのダイジェスト版をお観せしたあと
そのダイジェストを4分割したシーンごとに
参加者にやってみたい役とシーンを選んでもらって
本役とともに30分ほど練習したあと
台本を持ちながらだけど、発表するというもの。

これ、参加者の周りは練習でも発表でも
本役の蝶花メンバが務めるから
思ったより達成感があるはず。
確かに演劇の楽しさをつまみぐいする感じね。

けど、どんな芝居でもこれができるかっていうと
きっとそうでもない。
この芝居だからできるってとこもきっとあるね。
個性を活かした形で、作ってきた芝居だから。

----
初日午前は手稲東児童会館。
行ってみて、会館の方に言われて思い出した。
ここは、ああー、冒険に報告載せてないや
テンパで「あらしのよるに」をやらしてもらった場所でした。
「楽しみにしてましたあ」と職員の方に言われ、
子どもたちの中にも覚えててくれた子とかいたのですわ。

子どもたちがたくさん参加してくれて、
にぎやかに発表までいきましたね。
Ca250093そんな中から、写真は
かかし先生と語り合う兄弟。
この兄弟役が、
この日の参加者です。

----
初日午後は発寒地区センター。
児童会館と違って、
当たり前のように人がいるところでないので
やってくるのは興味を持った大人たちばかり。
けど、全員がワークショップ参加もしてくれました。

Ca250095写真は
お2人の当日参加者も
交じっている、
「前田商店つぶれました」
直後のシーン。

----
2日め。午前は八軒地区センター。
おっと、お子さんの参加もあったじゃないか。
総人数は少なくて
観てるだけって人は
このときもなかったんでないか。
(記憶も記録もあんましないっす)

Ca250099そんなわけで写真は
節分公演の後
反省会をうながされる
子ども役者たち。
子どもたちのシーンでは
参加者が選んだ役の本役の超若手役者たちも
一緒に舞台に載ってフォロー役に徹しているのです。
その頼もしい姿ったらないっ。

----
そして午後は西野地区センター。
松本は4分割のうち、最終シーンの演技指導を担当してたのですけど、
最終回のここまで、
松本の役を選んだ人はいなかったのね。
それが最終回に初めて登場。
それも女性が、座長役に挑戦してくれました。

Ca250100写真は、その最終シーン。
雪解け興行の
宣伝に現れた座長を
みんなで囲むの図。
誰が誰やらわからないかも(笑)。

各回とも最終シーンの後は
参加者・出演者全員が舞台側に立って
フィナーレダンス。
このダンスは練習する時間もとれなかったんだけど、
参加者のみなさんも、
見よう見まねで汗かいてくれましたね。

で、それだけ舞台側にいくと
客席には、総演出と区の担当者しか残ってない
なんてときもあって、
それはそれで気持ちのいいもんでございましたのことよ。
お疲れさまっ。

コンカリサイト内にも報告あります。
蝶花活動記録

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »