« 2007.3.16オーディション | Main | 2007.3.21ドラマシティ »

2007.3.17-18蝶花西区巡業

2007年3月17日(土)-18日(日)
「蝶よ、花よ〜琴似新劇団物語〜」西区内巡業。
本番報告はこちら

本タイトル
「演劇 ちょっと つまみぐい!?
 みて 学んで、やってみよう!」

30分ほどのダイジェスト版をお観せしたあと
そのダイジェストを4分割したシーンごとに
参加者にやってみたい役とシーンを選んでもらって
本役とともに30分ほど練習したあと
台本を持ちながらだけど、発表するというもの。

これ、参加者の周りは練習でも発表でも
本役の蝶花メンバが務めるから
思ったより達成感があるはず。
確かに演劇の楽しさをつまみぐいする感じね。

けど、どんな芝居でもこれができるかっていうと
きっとそうでもない。
この芝居だからできるってとこもきっとあるね。
個性を活かした形で、作ってきた芝居だから。

----
初日午前は手稲東児童会館。
行ってみて、会館の方に言われて思い出した。
ここは、ああー、冒険に報告載せてないや
テンパで「あらしのよるに」をやらしてもらった場所でした。
「楽しみにしてましたあ」と職員の方に言われ、
子どもたちの中にも覚えててくれた子とかいたのですわ。

子どもたちがたくさん参加してくれて、
にぎやかに発表までいきましたね。
Ca250093そんな中から、写真は
かかし先生と語り合う兄弟。
この兄弟役が、
この日の参加者です。

----
初日午後は発寒地区センター。
児童会館と違って、
当たり前のように人がいるところでないので
やってくるのは興味を持った大人たちばかり。
けど、全員がワークショップ参加もしてくれました。

Ca250095写真は
お2人の当日参加者も
交じっている、
「前田商店つぶれました」
直後のシーン。

----
2日め。午前は八軒地区センター。
おっと、お子さんの参加もあったじゃないか。
総人数は少なくて
観てるだけって人は
このときもなかったんでないか。
(記憶も記録もあんましないっす)

Ca250099そんなわけで写真は
節分公演の後
反省会をうながされる
子ども役者たち。
子どもたちのシーンでは
参加者が選んだ役の本役の超若手役者たちも
一緒に舞台に載ってフォロー役に徹しているのです。
その頼もしい姿ったらないっ。

----
そして午後は西野地区センター。
松本は4分割のうち、最終シーンの演技指導を担当してたのですけど、
最終回のここまで、
松本の役を選んだ人はいなかったのね。
それが最終回に初めて登場。
それも女性が、座長役に挑戦してくれました。

Ca250100写真は、その最終シーン。
雪解け興行の
宣伝に現れた座長を
みんなで囲むの図。
誰が誰やらわからないかも(笑)。

各回とも最終シーンの後は
参加者・出演者全員が舞台側に立って
フィナーレダンス。
このダンスは練習する時間もとれなかったんだけど、
参加者のみなさんも、
見よう見まねで汗かいてくれましたね。

で、それだけ舞台側にいくと
客席には、総演出と区の担当者しか残ってない
なんてときもあって、
それはそれで気持ちのいいもんでございましたのことよ。
お疲れさまっ。

コンカリサイト内にも報告あります。
蝶花活動記録

|

« 2007.3.16オーディション | Main | 2007.3.21ドラマシティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007.3.17-18蝶花西区巡業:

« 2007.3.16オーディション | Main | 2007.3.21ドラマシティ »