« 11/25(06)紅茶夜会10 | Main | 12/2(06)厚別 »

12/1(06)家守綺譚 二の会

12月1日(金)
読み語り 家守綺譚(いえもりきたん)二の会

4回シリーズ第2回目の「家守綺譚」。
3度目のAMICAですけど、ようやく少し馴れてきたかも。
あるじのNonさんにも、少しは落ち着いて聴いていただけたかな。


お初の方もいらっしゃるようなので、 主催者判断に従い、 世界観を提示している 最初の1編「サルスベリ」の 再読から始めることにした。

全体の中でも長めのこの1編だが、
読むと読まないでは、
やっぱり伝わり方が違う。
で、休憩含めて全体で約90分という
全体がけっこうな時間になったので、
終了後のリクエストコーナーは設けず。

ちなみに一の会のときの七編に比べて、
やや、主人公が落ち着きをもって
過ごしたような感もあり
お聴きくださった方々の感想には
「前回と印象が違う」というのが多かったすね。

次回以降も、プロローグとして「サルスベリ」は読む方向。
今回はそれと七編トータルで、2回の休憩除いて約○分。
次回と次々回は、もう少し長くなりそうだ。
(したがって、家守シリーズでは今後も、
 リクエストタイムは設けそうにないっす)

次回はまたまた、けっこう事件続きの七編のはずでっす。
お楽しみに。

それともうひとつ、書いておかないとね。
前回の反省点のひとつを踏まえまして
「若さの演出」をチラリ指示されまして、
すこーしばかり、髪をそめたのだ、白髪を減らすのに。
こーゆー初体験を、芝居ではなく、読み語りですることになろうとは。。
芝居では、白くしたことはあったけどね。

Ca250014Ca250013ちょっと
横に広い
場でしたので
2枚に分けての
お客さま写真。

ありがとうございました。次回もお楽しみに。

|

« 11/25(06)紅茶夜会10 | Main | 12/2(06)厚別 »

Comments

次回は3月10日土曜日です。
たぶん少し春の気配を感じる頃に
秋から冬のお話をヨミガタっていただきましょう。

「若さの演出」…もう少しビジュアル的に何か考えましょうか?

Posted by: 主催者 | Wednesday, January 24, 2007 20:03

髪を染めたんですか?
楽しみにしてます~☆

Posted by: ルピ | Sunday, January 28, 2007 11:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12/1(06)家守綺譚 二の会:

« 11/25(06)紅茶夜会10 | Main | 12/2(06)厚別 »